サルも木からブログ

おじいちゃんとの思い出

スポンサーリンク

今日は、ぼくのおじいちゃんとの思い出を書きます。

ぼくのおじいちゃんは凄い本が好きな人でした。

 

あまり大きくない家に住んでいましたが、

本棚が15個以上、それに加えて本がぎっしり詰め込まれたダンボール箱が、

家中の至るところに置いてありました。

 

数えることはできなかったのですが

5000冊以上はあったと思います。

(もしかすると1万冊くらい。)

 

そんな環境で育ったので、小さな頃から本を

勝手にとって1人で読んでいました。

 

ぼくが大学生の頃、登山に対してちょっとだけ興味が芽生え

おじいちゃんの家にあった「登山完全ガイド」という本を手に取りました。

 

その本には、「登山をする際は、必ず頭部を保護する必要がある。

なぜなら木の枝や小石から頭を守ったり、雨風も防ぐことができるからである。」

と書かれていました。

 

さらにそこには

「大事なのは頭部をどう守るのかである。ヘルメットを被るのは重たすぎるし、

野球の帽子などはファッション性に欠ける。

難しい選択だが、これを解消する優れたアイテムがある。」

と書かれていました。

 

ふむふむ、なんだろう!気になるな。

食い入るように次のページをめくるとこう書かれていました。

 

「バンダナが最適である!!」

 

f:id:Jalapeno31:20191108020810j:plain

 

いや、一番ダサイだろっ!笑

(そんなピュアな目で見てきてもゆるしません。)

 

急いでその本の発行年度を調べてみると1980年代前半に発行されたものでした。

そっと本を閉じ、穏やかな心で本を本棚に戻しました。

 

「情報を得る際は、最新で適切なものを取得する必要がある。」

としみじみ感じた、ある夏の日のことでした。

 

おわりっ!

(いや、おじいちゃん登場していないだろ。)

 

追記

2019年11月現在のバンダナはオシャレなものも増え、

また、汗を吸収したり止血に役立ったりと非常に便利なアイテムです。 

ぼくは日本バンダナ協会を全力で応援しています!

お読み頂きありがとうございました。

 

カピバラの情報を得たい方はこちら↓

 

jalapeno31.hatenablog.com